Top >  妊娠最終月(10ヶ月) >  妊娠37週:妊娠37週目の諸注意

スポンサードリンク

妊娠37週:妊娠37週目の諸注意

妊娠37週には赤ちゃんらしいふっくらした体つきは四頭身になり頭を下に
した正常位で骨盤内に固定されて20〜40分のサイクルで寝たり起きたり
を繰り返しながら来るべき時を待っています。


妊娠37週頃には赤ちゃんは骨盤内に固定されているため、胎動を感じに
くくなります。


妊娠37週くらいから健診が週に1度になり、子宮口の開き具合や赤ちゃん
がどれぐらい下がってきているかなどを確認して出産予定日最終的な確認を
します。

■ 妊娠37週目レッスン おりものとおしるしについて


妊娠37週目はお産の兆候として、おりものが増えますが、これは子宮口を
柔らかくして、開きやすくするためです。


またおしるしといって少量の出血があるのもこの時期の特徴です。


これは、軽い子宮収縮によって胎児を包んでいる卵膜が子宮から少しはがれる
ためですが、おしるしに気がつかない場合もあります。


おしるしがあると数日後にお産が始まるというケースがほとんどなので入院の
準備をしておきましょう。


普通、入院は規則的な陣痛が来てからですが、おしるしが月経より多い量の
出血を伴う場合や強い腹痛があるといった場合は病院に連絡をして、すぐに
診察を受けるようにします。

スポンサードリンク

関連エントリー

妊娠36週:妊娠36週目の諸注意
妊娠37週:妊娠37週目の諸注意
妊娠38週:妊娠38週目の諸注意
妊娠39週:妊娠39週目の諸注意
妊娠40週:妊娠40週以降の妊娠生活