Top >  妊娠3ヶ月 >  妊娠10週:妊娠10週目の注意点

スポンサードリンク

妊娠10週:妊娠10週目の注意点

妊娠10週頃には、順調であればお腹の赤ちゃんはは5〜6cmほどの大きさに
成長しているはずです。また妊娠10週になると、おなかの中で赤ちゃんの動き
が非常に活発になり、手を握ったり、手足を一緒に動かしている様子を超音波
検査で観察できるようになります。


お腹のなかの赤ちゃんの活発な動きの背景には神経系が発達することによって、
刺激を感じる皮膚感覚が生まれ、この皮膚感覚を伝ってくる外界の刺激が、
脳を刺激して、さらに神経系の発達を促すという相乗効果があります。

■ 妊娠10週目レッスン 羊水について

羊水とは子宮の中で赤ちゃんを包んでいる水分のことです。羊水が赤ちゃんを
包んでいることで、お腹のなかの赤ちゃんを振動や衝撃から守っているわけです。


羊水は赤ちゃんを外界からの衝撃や振動から守る以外にも、赤ちゃんが羊水を
飲み、排出するという消化の練習にも使われます。


生まれてはじめてのうんちである胎便というのは、この羊水を使って消化の練習
をしたときに、飲み込んだ子宮壁の破片や自分の髪の毛、皮膚片が腸にたまった
ものなんです。


羊水は赤ちゃんをフィルターにすることで、常に新陳代謝しているわけです。


また、羊水を調べることで胎児の遺伝性疾患を診断する羊水検査があります。


しかし、気をつけなければならないことは羊水検査は1/200〜1/300の確率で
流産を引き起こす可能性があり、遺伝的リスクのない35歳未満の方にとっては、
胎児に先天的な異常がないか考えられるリスクよりも、検査によるの流産のリスク
の方が高くなってしまいますので、よくよく吟味して検査を考えるようにします。

スポンサードリンク

関連エントリー

妊娠8週:妊娠8週目の注意点
妊娠9週:妊娠9週目の注意点
妊娠10週:妊娠10週目の注意点
妊娠11週:妊娠11週目の生活