Top >  妊娠最終月(10ヶ月) >  妊娠36週:妊娠36週目の諸注意

スポンサードリンク

妊娠36週:妊娠36週目の諸注意

妊娠36週からは正産期(臨月というほうが一般的ですが)と呼ばれ、赤ちゃん
がいつ生まれてもおかしくない状況になっています。


出産が近づくにつれてお腹が頻繁に張るようになるので横になるなどして安静に
するのが何より大切です。


妊娠36週からは出産に備えて赤ちゃんが骨盤内に下がってくるので、直腸や
膀胱を圧迫して、便秘や頻尿になりやすくなりますが、逆にそれまで圧迫され
ていた胃や心臓の負担が軽くなるので、動悸・息切れ、胃もたれが軽くなります。


胃もたれがなくなっても食べすぎは厳禁です。ここで食べてしまうと、赤ちゃん
の膵臓が完成して、自力でインシュリンを分泌しはじめているため、妊娠36週
以後にたくさん食べると、赤ちゃん自身の力で血糖値をあげ、肥大化(胎内肥満)
する可能性が高くなります。

■ 妊娠36週目レッスン 前駆陣痛と陣痛について


前駆陣痛とは、本当の陣痛とは異なり、痛みが来る間隔が不規則で結局は痛み
が消えてしまう陣痛のことです。


出産が近づくにつれ不規則な子宮収縮が起こり、頻繁におなかの痛みや張りを
感じるので、本当の陣痛前の予行演習のような感じです。


初産の場合は前駆陣痛を本物の陣痛をよく間違えるのであわてて病院にいった
瞬間に陣痛がなくなってしまうこともあります。


本当の陣痛の場合は軽い生理痛のようなおなかの張りや腰の痛みから始まって、
不規則だった痛みと間隔が徐々に規則的になりはじめ、それが10分間隔に
なったときが出産の始まりとされています。


陣痛を感じたらすぐに痛みの間隔を計り、陣痛の間隔が10分になったら
病院に連絡をします。

スポンサードリンク

関連エントリー

妊娠36週:妊娠36週目の諸注意
妊娠37週:妊娠37週目の諸注意
妊娠38週:妊娠38週目の諸注意
妊娠39週:妊娠39週目の諸注意
妊娠40週:妊娠40週以降の妊娠生活