Top >  妊娠2ヶ月 >  妊娠7週:妊娠7週目の注意点

スポンサードリンク

妊娠7週:妊娠7週目の注意点

妊娠7週頃の赤ちゃんの成長は目覚ましく、魚のようなエラや尻尾はなくなり、
胎芽から胎児へと人間らしい形になっていきます。


妊娠7週目の胎芽は、頭と胴体に分かれた2頭身の姿をしていますが、手足の
区別、心臓、肝臓、腎臓、胃腸などの臓器もだんだんとできてきます。
 

また、妊娠7週の終わりごろには脳や脊髄の神経細胞の約80%がつくられ、
脳の神経や目の視神経や耳の聴神経などが急速に発達します。


胎盤や臍帯のもとになる組織が発達してきて、羊水も少しずつですが、たまり
始めるなど、胎芽から胎児になるにつれて大きな変化が妊娠7週には起こって
います。

■ 妊娠7週目レッスン 流産について


流産の定義は妊娠22週未満の妊娠中絶を流産と言います。母体や胎児(胎芽)
になんらかの原因があったため流産したことを自然流産と言い、人工的に中絶
する場合は人工流産と言います。


妊娠期間によって流産は、早期流産(妊娠12週未満)、後期流産(妊娠12週
以降22週未満)に分類され妊婦の15%程度が流産すると言われています。


妊娠6週目くらいから胎芽の心拍動も確認できるようになりますが、心拍動が確認
できないと流産の可能性があります。


他にも妊娠検査薬で反応するhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)の数値が妊娠週数
と比べて低い場合は流産する可能性があります。


●妊娠週とhCG分泌量のおおよその目安(詳細は産婦人科で!)

・2週 0、2mIU/ml
・3週 20〜50mIU/ml
・4週 200mIU/ml
・5週 1000mIU/ml
・6週 1000〜6400mIU/ml
・7週 4000〜12800mIU/ml
・8週 4000〜256000mIU/ml
・9週 8000〜256000mIU/ml

スポンサードリンク

関連エントリー

妊娠4週:妊娠4週目の注意点
妊娠5週:妊娠5週目の注意点
妊娠6週:妊娠6週目の諸注意
妊娠7週:妊娠7週目の注意点