Top >  妊娠2ヶ月 >  妊娠5週:妊娠5週目の注意点

スポンサードリンク

妊娠5週:妊娠5週目の注意点

妊娠5週の段階では、お腹の赤ちゃんの姿は人間というより、尻尾やえらが
あり、全体的にはタツノオトシゴのような形をしていています。


この時期の赤ちゃんは胎児ではなく「胎芽」という呼称で呼ばれます。


妊娠5週目に入ると妊娠の兆候としてさまざまな自覚症状がでてきます。


妊娠の兆候として早い人では「つわり」がでてきます。妊娠5〜6週ごろから
つわりは始まるといわれていて、朝、目が覚めて感じる空腹感に乗じて吐き気
を感じるのが特徴です。


しかし、こうしたつわりが出てきても「風邪かな?」と妊娠に気づかない人も
意外に多いみたいです。


妊娠5週ごろからはじまるこうしたつわり以外にも母体はホルモンバランスが
変化しているため、体が疲れやすく熱っぽいなどの風邪に似た症状や乳首の色
が濃くなるなどの影響がでてきます。

■ 妊娠5週目レッスン 超音波検査


産婦人科の診療には今や欠かせないのが超音波検査ですが、レントゲン検査とは
違って、妊娠初期であっても胎児(胎芽)への影響は心配のない安全な検査法です。


超音波検査では、胎児全体像の把握(胎位、推定体重など)、胎児形態異常の診断、
胎盤の位置や羊水量など非常に重要な情報を得ることができるほかにも、妊婦さん
にとっては、自分の目でお腹の赤ちゃんが成長できるという利点があります。


妊娠4〜5週目の段階になると子宮の中に黒い胎嚢ができてくるので妊娠の確定
診断ができます。同時に子宮内に胎嚢(大きさは約3mm程度)が確認できると
子宮内に着床していることがわかるため、子宮外妊娠かどうかわかります。

スポンサードリンク

関連エントリー

妊娠4週:妊娠4週目の注意点
妊娠5週:妊娠5週目の注意点
妊娠6週:妊娠6週目の諸注意
妊娠7週:妊娠7週目の注意点