Top >  妊娠9ヶ月 >  妊娠32週:妊娠32週目の諸注意

スポンサードリンク

妊娠32週:妊娠32週目の諸注意

妊娠32週(妊娠9ヶ月)に入ると、胎児の成長に合わせて子宮がかなり大きく
なっているためそれが原因で身体にさまざまな症状が現れてきます。


具体的な症状としては、みぞおちにまでせり上がってきた子宮のせいで、心臓、
胃、肺が圧迫され、動悸や息切れが頻繁に起こるようになります。


また赤ちゃんの頭が膀胱を圧迫して尿もれや頻尿の症状を引き起こします。


大きくそして重くなった子宮を支えるために、絶えず腰に負担がかかるため
腰痛が強くなるほかにも、足のつけ根にも負担がかかり、こむらがえりが、
頻発するようにもなります。


お腹が大きくなるにつれ、運動するのがおっくうになると思いますが、運動は
血行を促進して腰痛解消にも役立つうえ、太りすぎの予防にもつながるので
積極的に体を動かすようにしましょう。

■ 妊娠32週目レッスン 頻尿、尿漏れ


妊娠32週に入ると子宮が膀胱を圧迫して尿が近くなります。また尿を排出して
も残尿感といって、いまいちすっきりしない感じも出てきます。


また、腹圧性尿失禁といってくしゃみや咳をして下腹部に力が入ると、尿が少し
もれることが起こることもこの時期では珍しいことではありません。


腹圧性尿失禁は出産の近づいた母親にはよく見られるトラブルですので、尿失禁
用のパットを使ったり、替えの下着を用意するなどの対策が必要です。


腹圧性尿失禁はホルモンや大きくなった子宮の影響で、内臓を支えている骨盤の
底にある筋肉がゆるんだり、疲労することにより、尿道が短い女性では、骨盤
底筋のゆるみに伴い、尿もれが起こりやすくなるのだそうです。

スポンサードリンク

関連エントリー

妊娠32週:妊娠32週目の諸注意
妊娠33週:妊娠33週目の緒注意
妊娠34週:妊娠34週目の緒注意
妊娠35週:妊娠35週目の注意点